ほくろの治療をしよう|美肌を取り戻す術を知る

婦人

炭酸ガスレーザーで除去

カウンセリング

傷が残りにくい

遺伝などにより、ほくろが多く体に現れることもあり、精神的な苦痛を感じている方もいらっしゃることと思います。一人で体の悩みを抱えている方、一人で悩まず一度美容皮膚科などで相談されることをオススメします。ほくろは、良性のものと悪性のものとがあり、判断は難しい場合が多いので医療機関での診察が必要になります。一般的な良性のほくろは、大きさが変わらず痛みなど何も症状がないのが特徴です。また、体に現れる場所は特定しておらず、体の皮膚がある場所ならどこにでも現れます。一度、現れると自然に消えることはありません。大量のメラニンが一部で増えたことによりほくろは作られますので、遺伝など体質も関係していると考えられています。除去するためには、美容皮膚科の受診が必要になります。ひとつ除去するために、痛みを伴わせないよう麻酔を打ちます。治療には、炭酸ガスレーザーを使用します。炭酸ガスレーザーをほくろに数秒ほど照射して、除去します。ひとつにつき数分と短時間で済みます。ひとつ除去するためにかかる費用は、クリニックにより異なりますが3000円前後かかる場合が多いようです。また、除去する治療は簡単ですし、入院の必要もありません。なので、周囲にバレることもなく通院することができるでしょう。そして、実際に治療を受ける場合には、美容皮膚科のホームページサイトや体験談や口コミが掲載されているので、参考にして下さい。利用の際には、受診する前にお問い合わせを行うと良いでしょう。そして、不明な点はその際によく伺って下さい。健康保険に関しても健康保険範囲外の場合もありますので、事前に確認して下さい。クリニックの受診の際には、治療の前にカウンセリングをしっかり行い、納得の上で治療に進みます。担当医との話し合いをしっかり行い、治療のイメージを把握することが大事になります。治療後は、出血もなく絆創膏などで治療部分に貼り、終わりになります。術後の傷跡も少なく、目立たないので治療したことも分からない場合もあります。術後は、生活に障害が起こることはありませんが、顔の治療の場合には絆創膏が目につくので人目が気になる方は外出は控えたほうが良いかもしれません。また、シミやいぼなども除去することができますので気になっている方、除去したい方は美容皮膚科や皮膚科に相談されることをオススメします。