ほくろの治療をしよう|美肌を取り戻す術を知る

婦人

コンプレックス解消の為に

鏡を見る女性

医療機関を利用しよう

誰しも多かれ少なかれあるのがほくろですが、ほくろが出来るメカニズムはメラノサイトという、メラニン色素を含む細胞が集中する事によって黒い点のように顕著に肌に現れます。このメラノサイトという細胞は、胎児の段階で母親のお腹の中にいる段階で作られ、実はその段階でほくろの出来る場所は決まっていると言われています。そして、生まれて以降の紫外線の影響や皮膚への刺激などの原因によって、認識されるレベルまで目立つようになると言う訳です。言わば持って生まれたものであり、個性や特徴ともなりえるものですが、その位置や大きさによって、コンプレックスを感じ悩む方も少なくありません。コンプレックスを抱えたままでは、精神衛生上良くありませんので、治療によって改善するという方法を選択する方も少なくありません。一言に治療と言いましても様々な方法があり、ほくろに自力で働きかける治療法や、皮膚科や美容外科などの医療機関を利用してほくろを除去する治療法があります。自力か医療機関かという選択肢としましては、効果の問題や後々跡が残ることもあり、失敗のリスクを考慮した場合には医療機関を利用した治療を行う事がベターだと考えられます。そこで医療機関を利用して治療を行う場合、踏まえておかなければいけないのは、治療法と費用というポイントになります。医療機関で行うほくろ治療法としましては、大きさや形状などのタイプによって、レーザーにより除去や切除縫合を必要とする手術があります。小さなほくろをレーザーで除去するといった治療の場合は、ケアクリームを購入するよりもリーズナブルに済むケースもあります。皮膚科など健康保険適応の医療機関で切除縫合を行う場合には、美容目的と違い保険証を活用する事も可能となります。また、ほくろ除去は見た目のコンプレックス解消という目的もありますが、実はほくろではなく悪性腫瘍、所謂皮膚がんというケースも少なくはありません。とは言え医療機関を利用するのには少し不安で、何となく敷居が高く感じ踏み切る事が出来ないでいるという方もいるでしょう。そんなときは、まずは皮膚科や美容外科の専門医に、相談やカウンセリングを受ける事からスタートしてみるのも良いでしょう。またクリニックの評判を口コミサイトで調べてみるのもおすすめです。