ほくろの治療をしよう|美肌を取り戻す術を知る

婦人

浅い部分のメラニンを除去

鏡を見る女性

深層までメスで切り込む

ほくろは、時にはチャームポイントとして魅力的に見えることもありますが、目立つ場所にあるとコンプレックスに感じることもあります。特に、盛り上がりのあるほくろは、コンシーラーやファンデーションでも隠すことができないので厄介です。そんな時は、美容外科や皮膚科で除去することができます。ほくろの治療は、大きく分けてQスイッチルビーレーザー治療、炭酸ガスレーザー治療、外科手術の3つの方法があります。それぞれの方法は特徴も異なるため、しっかりと認識することが大切です。Qスイッチルビーレーザーは、レーザーを照射して色素を取り除く方法です。平らで、真皮の浅い部分にメラニン色素が存在するタイプのほくろに適した方法です。麻酔の必要もなく、一度にたくさん除去することが可能です。しかし、一度ですべての色素を除去することは出来ず、1ヶ月から3ヶ月に1度の頻度で、何度か施術を繰り返す必要があります。ダウンタイムも短く、術後には絆創膏さえ必要ないぐらいの傷の浅さが特徴です。一方、炭酸ガスレーザーは、レーザーの光で削り取る方法です。レーザーの光がQスイッチレーザーよりも深いところまで到達するため、部分麻酔をしてからの施術となります。そのため、ほとんどの場合、一度で治療が完了し、ダウンタイムも1週間程とそれほど長くありません。また、ダウンタイムの期間は、浅い傷があるため絆創膏でカバーするとともに、化粧がつかないよう配慮が必要です。平らなタイプ、盛り上がりのあるタイプ、どちらにも有効な治療法です。外科手術は、炭酸ガスレーザーよりもさらに深いところまでメスで切り込み、ほくろを切除する方法です。3つの中で最も効果が高く、根こそぎ切除するので、ほくろが再発する心配はありません。しかし、深い傷となるため、小さな傷が残ることは覚悟せねばなりません。大きなほくろの場合は縫合することもあり、ダウンタイムも長くなります。盛り上がりのあるほくろに向いている治療法です。これらの特徴を踏まえ、どのようなことを基準にして治療したいかを検討するようにしましょう。時間はかかっても傷の残らない方法で行いたいならQスイッチルビーレーザー、1回でしっかりと除去したいなら炭酸ガスレーザー、二度と再発しないように根こそぎ取り除きたいなら、外科手術を選ぶのが賢明です。