ほくろの治療をしよう|美肌を取り戻す術を知る

嫌いなホクロはとってしまおう

浅い部分のメラニンを除去

鏡を見る女性

ほくろの治療法には、3つの方法があります。時間がかかっても傷の残らない方法がQスイッチルビーレーザー、1回の施術でしっかり除去できるのが炭酸ガスレーザー、ダウンタイムは長いものの、再発の心配がない治療ができるのが外科手術です。

炭酸ガスレーザーで除去

カウンセリング

ほくろは、大きさや色などそれぞれ異なり、人により多く現れたりすることがあります。自然に消えることはないので、気になる方は一度美容皮膚科でご相談の上で、適切な治療を受けられてください。まずは、お電話でのお問い合わせを行うと良いでしょう。

取り除く方法

顔を触るウーマン

ほくろは大きさや種類で除去する方法が違います。大きく盛り上がっている場合は悪性の疑いもあるので、事前に血液検査をする必要があります。色素性母斑という良性の小さなほくろはレーザー治療で消すのが一般的です。

大きく目立つ悩みを解消

鏡を見る女性

若く綺麗なお肌になれる

透き通った綺麗な美肌というと、若い年代のときしかありません。またシミやしわ以外にも老けて見える原因があり、それが黒くて大きなほくろになります。ほくろはメラノサイトというのでできていて、お腹にいるときに作られるようになっています。人それぞれ遺伝が原因で作られたり、他にも太陽の紫外線を浴びたりすることでできてしまいます。そんなほくろは様々なクリニックで治療を受けることができます。クリニックは、大きく分けると皮膚科や美容皮膚科そして美容外科の3つがあります。これらのクリニックでは治療をする目的が違い、皮膚科は美容目的ではないのが特徴です。そのため除去をするときに保険適用ができたり、皮膚がんなどの検査を行なったりするのです。また美容皮膚科や美容外科は美容目的になるので、保険適用外になってしまいます。現在の美容皮膚科や美容外科などでは、レーザー治療をすることが主流になっていて、ダウンタイムが少ないのが好評です。レーザー治療はメスを使わない施術で、Qスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーがあります。このレーザー機器にはクリニックごとに違いますが、短時間で終わることが可能であり、痛みもほとんどありません。ほくろのコースでも一番安心してでき、すぐに生活に戻りたい人におすすめになります。また、高周波や電気メスで治療ができるコースがあり、大きなほくろで悩んでいる人にピッタリです。高周波や電気メスは固めてから除去する施術で、皮膚を縫合する施術はしない特徴があります。このコースは施術の時間が短く、10分ほどで終了してしまうのもメリットです。さらに気になるのが傷跡ですが、高周波や電気メスは傷跡がほとんど残りません。次にメスで切開をする治療ですが、6mm以上の大きなほくろに向いているコースになります。大きめに切開をして縫合していくので、ダウンタイムが長いリスクがあります。しかしレーザー治療で取れないほくろも施術が可能で、また再発して出てくることがありません。他にも皮膚がんなど病気が心配な人におすすめで、除去したほくろを検査してもらえるメリットがあります。そして皮膚科で定番なのが液体窒素で、ほくろをマイナス196度で凍結させて破壊する方法です。局所麻酔をすることもないので、治療のときに熱や少し痛みがあるのが特徴です。液体窒素で凍結させるコースなら、子供でも対応できる手軽な方法として利用されています。

気になる部分を治すために

カウンセリング

老後生活を送る上で美容と健康は重要で、中でも美容整形には人気があります。美容整形で多くの人が利用しているのがほくろの治療です。その方法には手術法とレーザー法とがあり、前者は費用が安いこと、後者は日帰りで施術が可能であることがメリットです。

コンプレックス解消の為に

鏡を見る女性

見た目のコンプレックスと感じている方が多いほくろですが、コンプレックス解消の為治療によって除去する方は少なくありません。自力または医療機関の利用となりますが、後々を考えれば医療機関を利用する方がベターです。